警察

警察官の身上調査について元警察官がガチで解説します。

警察官になりたい人
警察官になりたい人
親戚が警察の世話になったことあるらしいんだけど、警察官になれるのかな

こういった疑問に答えます。

どうも、元警察官のおさるポリスです。
現役時代は交番、機動隊、特殊部隊、福利厚生担当をやっていました。

警察官になりたい人から「警察の身上調査ってどこまで調べられて、どんな人がダメなの?」という質問をよく受けます。

この(おそらく長年の)問題に終止符を打つべくこの記事を書いています。

結論:わかりません

ちょっと待ってください。
ページを閉じないでもう少し理由を聞いてください。
「わからない」のにはちゃんとした理由があるんです。

理由を説明しますね。

採用担当者以外は正確な情報を知らない

これが最も大きな理由です
警察の仕事って結構細分化されていて、いわば刑事課や交通課の人は「プロフェッショナル」的な役割をになっています。

裏を返せば「担当している仕事以外は正直言って詳しくない」ということです。

刑事課の警察官は交通分野のことはよく知らないし、交通課の警察官は刑事のことはよく知りません。

そしてこの話はもちろん「採用」についても同じことが言えます。
「採用係以外の警察官」は採用について詳しくないのです。

なんとなくウワサ程度で「本人に前科がなければいいんじゃない?」とか「前歴ならOKだっけ?」とどこかから聞いたことがある程度です。

情報は漏れない

さらにここで一つ世の中に情報が出回らない大きな理由があります。
それは「警察官は情報を漏らさない」ということです。

警察官には「職務上知り得た秘密」を守る義務があります。
私でいえば「特殊部隊の仕事」については同期にも言えません。

同じように「採用担当の警察官」は「採用に関する秘密」は誰にも言えないのです。

これが「採用担当の警察官以外が採用に関する詳しい情報を知らない」理由です。

結論:とりあえず受けてみよう

調べても答えが出ないなら「受けてみる」しかありません。
採用に関してネットに出ている全ての情報は「信ぴょう性がない」と断言してもいいです。

誰も答えをしてないなら「やってみるしかない」ですよね。

やりもしないのに夢を諦めてもつまんないですよね。
落ちたら落ちたで「何かがダメだったんだな」と諦めがつきます。
※警察試験の点数は請求すれば教えてくれるので点数が高くて落ちたら「身上関係」が理由ってことです。

「警察官のなり方」はこちら

おまけ:これだけは間違いない

私の実体験を伝えておくと
・学生時代に切符を切られた
・学生時代に職質を受けた
この辺はありましたが、現役で警察官になっています。

この辺までは大丈夫なので安心してください。